アガサ・クリスティー ねじれた家

4/19(金)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

	
華麗なる一族の大富豪が毒殺された。
残されたのは、“心のねじれた家族”と巨額の遺産。

嘘をついているのは誰?

グレン・クローズ
テレンス・スタンプ
マックス・アイアンズ
ステファニー・マティーニ
with ジリアン・アンダーソン
and クリスティーナ・ヘンドリックス

ミステリーの女王クリスティー自身が誇る最高傑作、映画化。

原作:アガサ・クリスティー「ねじれた家」(田村隆一訳/ハヤカワ文庫)
監督:ジル・パケ=ブレネール『サラの鍵』
脚本:ジュリアン・フェロウズ『ゴスフォード・パーク』/ジル・パケ=ブレネールティム・ローズ・プライス

配給:KADOKAWA
© 2017 Crooked House Productions Ltd. 
ここには、ポアロやミス・マープルとは違うもう一人のクリスティーがいる。莫大な遺産をめぐって争う一族の、それぞれの「ひねくれ方」が見ものだ。
赤川次郎(作家)
衝撃のラスト!!まさかの犯人!! 2時間サスペンスに500本以上出演している私が謎解き失敗とは!和製クリスティーといわれた母(山村美紗)は天国で「さすがクリスティー!」と快哉を叫んでいるでしょう。
山村紅葉(女優)
この『家』の超贅沢な光とおぞましすぎる闇に翻弄されて呼吸を忘れ、クライマックスに鼓動を忘れた!これぞ至福の映画体験!
堤幸彦(映画監督)
アガサ・クリスティーの世界にどっぷりひたって楽しんだ。これなら〈ミステリーの女王〉たる原作者も天国でご満悦なさるだろう。
有栖川有栖(作家)
家族ほど知っている積りでお互い知らないものはない。家が個人を崩壊させる。それがクリスティーからの現代の家族への警告である。
下重暁子(作家)
フランス流ノワールが、英国調クリスティーの遺産を相続し、化学反応を熾した。そして全く異質のクリスティー映像化作品が産まれた。シックな衣装とゴシックな美術で醸し出されるダークなトーン、豪華な俳優陣によるゴシップな殺意が、甘美な毒を観客に吐きかける。本作は奇跡的に“ねじれて”進化した次世代のクリスティー映画だ。
小島秀夫(ゲームクリエイター)
時代を1950年代後半に変更した脚色が、とても効いています。原作は映画を観たあとで読むほうが良いかな。もちろん既読でも楽しめます。随所でうっとりしてしまいます。
綾辻行人(作家)
大豪邸で発生した、どこか優雅な毒殺。不貞や憎しみ、殺意さえも、暇なセレブファミリーにとっては娯楽の一種なのかもしれません。イケメンな探偵が調査に来てくれるなら殺人事件も悪くないかも……とセレブのドライな価値観に影響されそうです。
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
アガサ・クリスティーの隠された傑作が今、ここに誕生!すべて本物が勢揃い!奇想天外な謎解きが、我々を陶酔の世界に導く!
假屋崎省吾(華道家)
リアルなおしゃれ感漂う舞台は英国ミッドセンチュリー!個性や世代を表すインテリアや衣裳、グレン・クローズ演じるエレガントなレディ・ガーデナーぶりは必見!!
吉谷桂子(ガーデンデザイナー)
この映画の主人公は誰かひとりではなくて、家族の愛と憎しみそのものだ。見終わったとき、遠い国の富豪一家が自分の心に住み着いているのを感じた。
香山リカ(精神科医)
探偵チャールズのレディメイドと思しき安っぽいスーツ。あるいはミッドセンチュリーのモダンなインテリアやロックンロール。そうした「新しいもの」と英国的エスタブリッシュメントとのコントラストが、このダークな物語を最後までドライブさせ、驚きの結末へと導く。
青野賢一 (ビームス創造研究所クリエイティブディレクター/文筆家)
お金あったって人は幸せにはなれないねえ、と貧乏人のひがみを癒すのに格好の素材。美男美女、建築、風景、調度品等眼福がいっぱいです!
内田春菊(漫画家・作家)
新しいアガサ・クリスティーの映画かもしれない。イギリス人とアメリカ人のキャスティングが絶妙に素晴らしい。
北村道子(スタイリスト)
※敬称略・順不同